BBS

Nature-photo.jp 談話室

ネイチャースナップの好きな人の談話室

“BBS” への680件の返信

  1. わたる君

    わたる君とは、以前、鶴居村で暮らしていた飛べないタンチョウのことです。

    最後は交通事故で亡くなってしまいましたが、毎年冬になると伊藤サンクチュアリでは知る人ぞ知るアイドルでした。

    そんなわたる君のことを写真と美しい文章で綴った本が発売されました。

    ぜひ、一読してタンチョウへの理解を広げて欲しいと思います。

    「とべないタンチョウ わたる」 写真・落合強志 文・円道由紀
    https://www.amazon.co.jp/dp/4600013956/

  2. 雪の日は難しい

    午後から雪が降り始め、タンチョウの様子を見に行ってきました。
    しかし、雪が降っていると、カメラのAFは雪に惑わされてぜんぜんピントが合わなくなってしまいます。

    動いていないときでも、ファインダーを見ているとピントが安定しないのが分かるので、なかなか撮影できませんでした。

    最近のミラーレス一眼では被写体認識とか瞳認識という最新の機能が搭載されているのですけど、タンチョウはなかなか認識してもらえない感じですね。

    というか、細かな雪を認識してしまうのではなく、しっかり被写体の形を認識して欲しいのですけど、難しいのでしょうか。

    これだと従来の一眼レフの方がピントが合ったような印象があります。

    撮り始めてすぐにこんな感じになってしまったので、ちょっとテンションも下がり、ほどほどで帰ってきました。

    最新の車が買えるような値段のカメラでもこんなことになるのですから、人間の目はすごいんだなぁってあらためて思います。

  3. 迷鳥

    鶴居村には今シーズン、マナヅル、カナダヅルがそれぞれ1羽ずつ迷鳥としてやってきています。
    このエリアでは、ほかにも珍しい鳥が来ていたようですね。

    ニュースでは山口のあたりにソデグロヅルが来ているという話もあり、世界的に変な天候になっているので、上空の気流が乱れていて流されてしまうことも多いのかもしれません。

    エルニーニョも気流の流れが乱れることで海水温が変化して天気に影響を与えるものということなので、まさに世界的な風の流れが変わってしまったということなのでしょうか。

    珍しいいきものに会えるのは嬉しいですが、迷った方はかなり困っていることだと思います。
    このなかで、マナヅル、カナダヅルは無事に冬を過ごすことができたので良かったです。
    このあとはどこで生活するのか気になるところです。

  4. 髪切りたい・・・

    最近、髪を切るのは自分でバリカンなんですが、この前やったのは10月あたり。
    だいぶ伸びていて気分的にはサッパリしたいんです。

    でも、まだ外が寒いのでもう少し我慢かなぁと。
    いきなり短くすると、風邪ひいたりしますから(笑)
    そうではなくても東京ではコロナ第10派のような状態だとかで、油断はできません。
    このところ外国人に囲まれることも多いですし・・・

    サッパリして帽子でもかぶれば良いのかなぁと思いつつ、手を付けられません。

  5. データ復旧

    SDカードなどのデータをバックアップをとる前に間違ってフォーマットしてしまったという場合、諦めず復旧を試してみてください。

    いろいろな復旧ソフトも販売されていますが、Photorecというフリーソフトでもけっこう効果があります。

    今日も知人のデータを200GBほど復旧しました。
    デジタルデータ自体はお手軽で価値は感じないのかもしれませんが、写真的には二度とないシーンもあると思います。
    諦めず、復旧を試してみる価値があると思います。

    バックアップに失敗したとか間違ってフォーマットしてしまったら、そのメディアは使わないようにして、復旧を試してみてください。

    私が使っているのはPhotorecというフリーソフトです。

  6. 一日150Km

    このところ、近所の様子を見ているだけでも1日あたり150Kmくらい走ってしまいます。
    移動していても、信号もたいしてないですし渋滞もないので運転は苦ではないです。

    でも、燃料代が痛いですね〜(笑)

    いつも収穫があったと思えれば、それも気になりませんが、良い写真が撮れるかどうかは行ってみないと分かりません。
    それに現場に行かないことには写真は撮れませんから、頑張るしかないですよね。

    どんどん雪は溶けていて、もう3月のような景色になりつつあって、どこに行けば良いかも想像がつかないこともあって、自分の目で見るしかないというのが正直なところなんですが、天気もコロコロ変わってしまい、ほんとうに難しいです。

    どこでもドア欲しいなぁ(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!